2010年08月22日

自分を変える10のストーリー(1)

本ブログに登場する人物は、すべてアメリカの物語ですが、国や肌の色が異なっても、「7つ習慣」が持つ普遍性が変わることはなく、逆に、原則をより強く感じて頂けるのではないでしょうか。

これは『7つの習慣』のエッセンス&実践編だ。

自己啓発の世界では『7つの習慣』はもはや、古典だ。定番中の定番だ。

●『7つの習慣―成功には原則があった! [単行本]  スティーブン・R. コヴィー (著), ジェームス スキナー (著), 』
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4906638015/horaihonoyomu-22


●習慣の3つの要素

習慣も自転車の練習と同じで、繰り返し行うことで身についてきます。
「7つの習慣」を身につけるまでは、意識的に実行する努力が必要ですが、一度身についてしまうと、無意識のうちに実行できるようになります。

身につくからこそ、習慣というわけです。

「習慣は知識、スキル、やる気」の3つの要素から成り立っていると言えます。

知識は、「何をするか」「なぜ、それをするか」に答えてくれます。
スキルは、「どうやって実行するか」を教えてくれます。
そして、やる気は「動機」であり「実行力」です。

●7つの成長プロセスとしてまとめる
コヴィー博士は、人間的成長を「成長の連続体」と捉え、他人に依存している状態から自立し、相互依存へ成長していくまでの過程を7つの習慣としてまとめています。

第1の習慣:主体性を発揮する
第2の習慣:目的を持って始める
第3の習慣:重要事項を優先する
第4の習慣:Win-Winを考える
第5の習慣:理解してから理解される
第6の習慣:相乗効果を発揮する
第7の習慣:刃を研ぐ





■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 02:18| Comment(0) | 7つの習慣の実践 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。